メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

長岡の「不死鳥ネット」

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 「急患の緊急連絡先が瞬時に救急隊に伝わるシステムが、長岡にはあるらしい」。そんな話を耳にして、詳しく話を聞きたくなった。単身世帯の急増で家族に連絡が取れず、全国の救急現場が困っているから。

 新潟県長岡市は4年前から、地元医師会などと「フェニックスネット」を始めた。在宅患者が対象。訪問看護師らがタブレット型端末で記録している情報を他の病院や介護事業所もインターネットで共有する。病歴、薬歴から経過記録、緊急連絡先まで端末で確認できる。1年後、市消防本部も加わった。

 救急隊員までが個人情報を扱うことには議論があったという。だが、現場は切迫している。1人暮らしの高齢…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです