メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルリンの壁崩壊から30年 ゆらぐ安定、ドイツ岐路

ブランデンブルク門近くのベルリンの壁によじ登る市民ら=ベルリンで1989年11月10日、AP

 ドイツは9日、東西を分断していたベルリンの壁崩壊から30年の節目を迎える。壁崩壊を機に再統一を果たしたドイツは経済低迷に苦しむが、2000年代以降に経済大国として復活した。ただ、近年は長く安定を支えてきた中道政党が退潮し、排外主義的な右派政党が台頭する。壁崩壊、統一後のドイツの歩みを振り返る。【ベルリン念佛明奈】

この記事は有料記事です。

残り3335文字(全文3493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです