メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銃と政治

進まぬ規制の背景/上 銃接収、穏健派も敬遠

銃を持ってカリフォルニア州議会に現れたブラックパンサー党のメンバー=米西部カリフォルニア州サクラメントで1967年5月2日、AP

 国民の数と並ぶほどの銃(約3億丁)が出回る米国。悲惨な乱射事件が起きるたびに銃規制の機運が高まるが、改革は進まない。武器保有の権利を認めた憲法修正第2条と、強大な政治力を持つ全米ライフル協会(NRA)。規制を阻むこの2大要因を巡る深層を探る。【ワシントン高本耕太】

米国人の「レッドライン」

 米首都ワシントンから西へ車で約30分。緑に囲まれた住宅街の一角に全米ライフル協会(NRA)は本部ビルを構えている。2012年12月15日、クララ・ビルギンさん(当時39歳)は、夫と4歳と5歳の息子の手を握り、このガラス張りのビル前に立っていた。

 前日、東部コネティカット州のサンディフック小学校で小学生ら26人が射殺される銃乱射事件が発生。自分…

この記事は有料記事です。

残り2382文字(全文2700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです