メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

島根・飯南町 忘れられぬ砂利道

島根県飯南町上赤名(旧赤来町)の砂利道で聖火をリレーする小野覚さん(左)=1964年9月21日(飯南町教育委員会提供)

 1964年9月21日朝。広島市の平和記念公園を出発した聖火は、開通まもない県境の赤名トンネルを抜けて島根県の旧赤来町(現飯南町)に入った。小野覚(さとる)さん(71)は島根2人目の走者で、当時は飯南高1年生。トンネルから約1キロ地点で聖火を受け取り、田園の中の砂利道を町の中心部へ向かって2キロ走った。リレーを終えると「役目を果たせて良かった」とホッとした…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  2. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  3. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです