メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

ニコレッタ・オプリシャンさん=ルーマニア出身の生け花アーティスト

生け花アーティストのニコレッタ・オプリシャンさん=大西岳彦撮影

ニコレッタ・オプリシャン(Nicoleta Oprisan)さん(44)

 活躍の場は幅広い。ホテル、デパート、寺――。先月は、さいたま市の古民家で開かれた和洋融合コンサートで、床の間に生け花作品をしつらえた。真っすぐに立てた竹を黒く塗り、最上部に赤いグロリオサの花、松、こけ梅をアレンジした。「フラメンコ風の曲が演奏されるので、グロリオサで『情熱』を表現したかった」。琴とベースのセッションに酔いしれた聴衆の視覚に、鮮やかな印象を刻んだ。

 元々日本語に関心があり1999年に留学のため初来日し、学習院女子大(東京)で日本語を習得した。さま…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです