メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

介護崩壊

2040年への序章/4 退院推奨、説明や連携なく

ひっきりなしに電話が鳴り、ケアマネジャーがケアプラン作成などに追われる事務所=千葉市花見川区で、鈴木敬子撮影

 病気やけがで入院した人の平均在院日数が年々短くなっている。国が医療費抑制と病床確保を目的に、患者の入院日数が長くなるほど診療報酬を減額する改定を進めているからだ。「病院の外」に安心はあるのだろうか。

 ●背景に診療報酬減

 厚生労働省の調査では、病院の平均在院日数は1990年の47・4日から2017年は28・2日まで短くなった。65歳以上に限れば84年時点は87・2日だったが、17年は37・6日と半分以下になった。

 医療行為の対価として、公的保険から医療機関に支払われる診療報酬の増減は病院の経営に直結する。とりわ…

この記事は有料記事です。

残り1186文字(全文1444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです