メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和の大嘗祭考

/中 憲法に照らし議論を 元大阪高裁判事・井戸謙一さん

元大阪高裁判事・井戸謙一さん=和田武士撮影

 政府は大嘗祭(だいじょうさい)の持つ宗教性を考慮し、平成の時と同じように憲法に基づく国事行為としませんでしたが、公的性格を認めて、費用を皇室の公的活動などに充てる「宮廷費」で賄いました。しかし宗教性は顕著ですから、天皇家の私的生活費などに使われる「内廷費」から支出されるのが筋だと思います。秋篠宮は昨秋、記者会見で大嘗祭を「内廷会計で行うべきだ」と述べられましたが、こうした考えが皇室内部から示されたことは歓迎したいと思います。

 皇位継承の儀式や行事のあり方は、国民主権や政教分離が規定された現行憲法下で初めての代替わりとなった平成時に、議論・整理しておくべきでした。しかし政府は、明治憲法下で定めた「登極令(とうきょくれい)」(戦後廃止)にのっとり、天皇が「現人神(あらひとがみ)」とされた時代の儀式を引き継ぎました。即位礼正殿(せいでん)の儀では、「神の末裔(まつえい)」と印象づけるかのような舞台装置である「高御座(たかみ…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  3. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです