メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和の大嘗祭考

/中 憲法に照らし議論を 元大阪高裁判事・井戸謙一さん

元大阪高裁判事・井戸謙一さん=和田武士撮影

 政府は大嘗祭(だいじょうさい)の持つ宗教性を考慮し、平成の時と同じように憲法に基づく国事行為としませんでしたが、公的性格を認めて、費用を皇室の公的活動などに充てる「宮廷費」で賄いました。しかし宗教性は顕著ですから、天皇家の私的生活費などに使われる「内廷費」から支出されるのが筋だと思います。秋篠宮は昨秋、記者会見で大嘗祭を「内廷会計で行うべきだ」と述べられましたが、こうした考えが皇室内部から示されたことは歓迎したいと思います。

 皇位継承の儀式や行事のあり方は、国民主権や政教分離が規定された現行憲法下で初めての代替わりとなった…

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです