メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首相「世界で最も多くの時間、質疑に応じている」参院予算委、野党に反論

安倍晋三首相=国会内で、川田雅浩撮影

[PR]

 「世界で最も圧倒的に多くの時間を国会で質疑に応じている」。8日の参院予算委員会集中審議で、安倍晋三首相が気色ばむ一幕があった。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長が「国政の重要課題をやりましょう。首相が出てこないから(議論ができない)じゃないですか」と述べ、首相出席の予算委員会を増やすよう要求。これに対し、首相は「G7(主要7カ国)の国の首脳は、だいたい1年間に40時間ぐらい質疑をしているが、私は1年間で200時間を超えて国会に出てきて質疑に応じている」と反論した。さらに、この日の審議がテレビ中継されていることを念頭に「まるで私がほとんど国会に出てきていないかのごとく議論されるが、それは違うということを国民に示したい」と強調した。【竹内望】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです