メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

萩生田氏を攻めきれず、焦る野党 「教育問題で主導権」図るも

参院予算委員会でヤジで審議が止まり、委員長席に集まる野党議員を見る安倍晋三首相(奥左端)=国会内で2019年11月8日午後1時58分、川田雅浩撮影

 野党は8日の参院予算委員会の集中審議で、大学入学共通テストに焦点を当て、採点ミスが多発しかねないとして国語や数学の記述式試験の導入中止を重ねて求めた。導入が延期された英語民間試験も含む教育問題で主導権を握ろうと図ったが、混乱を招いた萩生田光一文部科学相の責任論まで攻めきれず、焦りも広がる。【野間口陽、東久保逸夫】

 「日本全国の子供の将来に関わる問題だ。記述式テストがどんなものか知っているか」。立憲民主党の福山哲…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです