メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・山口代表、自衛隊中東派遣に慎重姿勢 外交努力を要求

山口那津男氏

 公明党の山口那津男代表は8日のBS朝日の番組収録で、政府が検討する中東への自衛隊派遣に慎重姿勢を示した。派遣根拠とする防衛省設置法の「調査・研究」について「軽々しく適用すべきではない。『派遣しないで済む方策を考えろ』と言っている」と述べ、イランと米欧諸国を仲介する外交努力を求めた。

 政府が新たなイラン核合意締結を主導する…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです