メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電気の地産地消で停電抑制 経産省、配電に参入促進

経済産業省=東京都千代田区霞が関で、瀬尾忠義撮影

 経済産業省は8日、自然災害による停電を抑制するため、発電した地域内の家庭などに電力を届ける「地産地消」を進める方針を示した。発電設備と電気の利用場所を近づけ、電線が切断された場合の影響を小さくする。電気を供給する配電事業の免許制度を見直し、大手電力から電線を購入したり借りたりする企業でも参入できるよう検討する。

 災害に強い電力システムを議論する8日の経産省の有識者会合で示した。電力の地産地消の取り組みでは、地…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです