メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域の配電事業に免許制 新規事業者の参入認める方針 経産省 

経済産業省=東京都千代田区霞が関で、瀬尾忠義撮影

 経済産業省は8日、大手電力がほぼ独占してきた配電事業について、免許制度を設けて新規事業者の参入を認める方針を示した。再生可能エネルギーなどで生み出した電力をその地域内に供給する事業者を想定しており、電力の「地産地消」を進めることで災害時に遠方からの電力供給が途切れるリスクを軽減させる。

 災害に強い電力システムを議論する同省の有識者会合で示し、大筋で了承された。参入基準など免許制度の詳細は今後詰める。開始時期は未定。

 配電事業は電気事業法に基づき国が参入規制を設け、東京電力パワーグリッドなど大手電力10社を「一般送…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです