メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NATOは「脳死状態」 マクロン仏大統領発言が物議 同盟の大原則に疑問投じる

フランスのマクロン大統領=川田雅浩撮影

 フランスのマクロン大統領は7日に発表された英エコノミスト誌のインタビューで、北大西洋条約機構(NATO)を「脳死」状態だと語り、同盟の核である集団的自衛権にも懐疑的な見方を示した。東西冷戦終結から30年の節目に、NATOの役割を正面から問い直す発言が物議を醸している。

 「脳死」発言は、シリア北部から突然の撤収を決めた米軍や、その後にシリアに侵攻した加盟国トルコ軍を念頭に、NATOに事前協議がなかったことを非難したもの。NATO加盟国が攻撃を受けた場合に他の加盟国が反撃する集団防衛を定めた北大西洋条約第5条は機能するかとの問いには「分からない」と答え、同盟の大原則に疑問を投じた。

 マクロン氏はまた、最大の同盟国である米国が「我々(欧州)に背を向けている」との見方を示した上で「米国の関与という観点からNATOの現実を見直すべきだ」と語り、欧州が米国依存の安全保障から脱却する必要性を説いた。マクロン氏はNATOとは別に、安全保障上の脅威に対応する「欧州軍」構想を持論に掲げている。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文1046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです