メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NATOは「脳死状態」 マクロン仏大統領発言が物議 同盟の大原則に疑問投じる

フランスのマクロン大統領=川田雅浩撮影

 フランスのマクロン大統領は7日に発表された英エコノミスト誌のインタビューで、北大西洋条約機構(NATO)を「脳死」状態だと語り、同盟の核である集団的自衛権にも懐疑的な見方を示した。東西冷戦終結から30年の節目に、NATOの役割を正面から問い直す発言が物議を醸している。

 「脳死」発言は、シリア北部から突然の撤収を決めた米軍や、その後にシリアに侵攻した加盟国トルコ軍を念頭に、NATOに事前協議がなかったことを非難したもの。NATO加盟国が攻撃を受けた場合に他の加盟国が反撃する集団防衛を定めた北大西洋条約第5条は機能するかとの問いには「分からない」と答え、同盟の大原則に疑問を投じた。

 マクロン氏はまた、最大の同盟国である米国が「我々(欧州)に背を向けている」との見方を示した上で「米…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです