メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

警察、発砲認め因果関係は否定 若者ら厳重抗議、衝突激化も 香港大学生死亡

「悼念周同学(学友の周さんに哀悼をささげる)」と掲げ、香港政府への抗議の意思を示す若者ら=香港科技大学で2019年11月8日、AP

 政府に対する抗議デモが続く香港で8日、警官隊とデモ隊の衝突現場付近の駐車場ビルから転落し意識不明の重体となっていた香港科技大学2年の周梓楽さん(22)が死亡した。香港メディアは、デモに参加していた周さんが警官隊の放った催涙弾を避けようとして転落した疑いがあると報じている。警察は反論しており、転落との因果関係は明らかになっていない。

 容疑者の中国への移送を可能にする「逃亡犯条例」改正案をきっかけに6月に本格化したデモに関連し、自殺以外の死者が確認されるのは初めて。これを受けて8日夕、若者らが中心部などで警察への抗議活動をした。今後、さらに警察との衝突がエスカレートする恐れがある。

 香港紙によると、周さんは3日夜から新界地区であったデモに参加していたとみられる。4日午前1時5分ごろ、駐車場ビルの3階部分で血を流して倒れているの…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです