メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ確認半月前 "衰弱イノシシ"生かせず 猟友会通報、静岡県「生きてるなら検査できぬ」

国が野生イノシシの捕獲強化を記した文書にも衰弱したイノシシへの言及はない=静岡市葵区で2019年11月7日午後5時55分、大谷和佳子撮影

 野生イノシシから豚コレラ感染が確認された静岡県藤枝市で、最初の感染判明の約2週間前からイノシシが次々と死んでいたことが地元猟友会への取材で判明した。猟友会は10月上旬、弱ったイノシシを見つけて県に通報したが、県は死んでいないことを理由に豚コレラの検査をしなかった。この対応に不信感を抱いた猟師たちは、死んだイノシシ数頭を県に連絡せずに埋めていた。両者の連携不足で感染確認が遅れた可能性がある。

 志太猟友会岡部支所によると、10月4日ごろに同市岡部町の沢で、衰弱したイノシシを住民が発見。連絡を…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 犯人は逃走

  2. 鳥、ヘビ、魚…ナスカの地上絵新たに143点発見、AIも活用 山形大

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 平等院鳳凰堂がライトアップ 阿弥陀如来坐像など厳かに照らす

  5. 「テニスの王子様」 俳優の滝口幸広さん死去、34歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです