メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貝かぶったタコ 貴重なお披露目 「アオイガイ」・新潟の水族館

生きた状態での展示は非常に珍しいアオイガイ=うみがたり提供

[PR]

 新潟県上越市立水族博物館「うみがたり」で6日、貝殻をかぶった珍しいタコ「アオイガイ」がお目見えした。2015年12月に続き4年ぶりに生きた状態で展示されている。飼育方法が確立されておらず、長期の飼育は難しいという。

 アオイガイは暖帯や熱帯の海に生息するタコの仲間。2枚の貝殻を並べるとアオイの葉に似ていることからその名がつく。メスは体長が25センチにもなるが、オスは5センチにしかならない。貝殻をつくるのはメスだけで、薄い巻貝状の貝殻の中で卵を産み子育てをする。

 この個体は殻の大きさが12センチ。糸魚川市の能生漁港で漁業者から5日に入手した。対馬暖流に乗って来たとみている。【浅見茂晴】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  5. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです