メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

大嘗祭に大阪・深江の菅笠 万葉以来、受け継がれた伝統

大嘗祭で使われる御菅蓋の複製品を前に笑顔を見せる「深江笠縫保存会」のメンバーら=大阪市東成区で、山田尚弘撮影

 皇位継承に伴って、14、15日に行われる皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」では、天皇陛下が「御菅蓋(おかんがい)」と呼ばれる菅笠(すげかさ)を使われる。大阪市東成区の深江地域では2000年以上の伝統が受け継がれ、近年は「深江笠縫(かさぬい)保存会」(石川健二会長)が歴代天皇の即位の度に納めてきた。令和の大嘗祭を控え、携わったメンバーらは、行事が無事執り行われることを願う。【林由紀子】

 深江では、垂仁(すいにん)天皇(記紀伝承上では紀元前後)のころ、大和から移り住んだ笠縫氏が菅笠作り…

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです