メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

1票の格差訴訟 今夏参院選、福岡高裁も「合憲」判断 請求を棄却

裁判所=ゲッティ

[PR]

 「1票の格差」が最大3・00倍だった今年7月の参院選は憲法が定める投票価値の平等に反するとして、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分の各選挙区の有権者が選挙無効を求めた訴訟で、福岡高裁(西井和徒裁判長)は8日、「合憲」と判断して、請求を棄却した。原告側は即日控訴した。

 二つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に起こした16件の訴訟で、判決は12件目。これで「合憲」が10件、「違憲状態」が2件となった。

 今年の参院選は、埼玉選挙区で定数を2増して2016年参院選で最大3・08倍だった格差を縮小させており、判決は「さらなる投票価値の差の是正を志向したもの」と評価した。

 今回の是正が、15年改正公職選挙法の付則が求めた「『選挙制度の抜本的見直し』に当たるとまでいうことは困難」とする一方、付則は是正の方向性や立法府の決意などを示したもので必ず実現することまで約束したとは解せないと指摘。「違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態にあったとはいえない」と結論付けた。【宗岡敬介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです