ゲノム編集食品、有機農産物と認めず 農水省が規格改正方針公表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
農林水産省=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影
農林水産省=東京都千代田区で2019年5月10日、米田堅持撮影

 有機農産物の日本農林規格(JAS)について、農水省は8日、ゲノム編集(遺伝子操作)技術を応用して生産した農畜産物や、それらを加工した食品を認証しないとする規格改正方針を公表した。同日から12月7日までパブリックコメントを募集している。

 食品に「有機」「オーガニック」などと表示するためには、化学肥料…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

あわせて読みたい

注目の特集