メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和・即位の礼

平成と令和、再び奏でる祝福の調べ 自衛隊の音楽隊員「奇跡に近いかな」

パレードで演奏する本間勝弘・准陸尉(左)と矢部正志・陸曹長=陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都など)で2019年10月5日午後0時12分、町田徳丈撮影

 天皇陛下の即位を披露する10日の東京都心のパレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」で、29年前の平成の即位パレード時に続いて演奏する陸上自衛隊の音楽隊員が2人いる。「お祝いとともに幸福な令和の時代を迎えられることを願って演奏したい」と練習に励んできた。

 陸自には演奏などを専門とする「音楽科」の隊員が約900人いる。このうち平成と令和のいずれの即位の式典でも演奏するのは、陸自東部方面音楽隊(東京都練馬区)のクラリネット奏者の本間勝弘・准陸尉(58)とトランペット奏者の矢部正志・陸曹長(58)だけだ。

 自衛官は一部の幹部を除いて50代半ばで退職する。だが音楽科の退職は60歳。入隊12年目の1990年にあった上皇さまの天皇即位を祝うパレードで演奏した2人に、再び機会が巡ってきた。本間さんは「奇跡に近いかなという感じがする」と驚く。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. 視聴室 十三人の刺客

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです