特集

皇位継承

安定的な皇位継承を巡る議論が平行線をたどっています。天皇陛下より若い資格者は、秋篠宮さまと長男悠仁さまだけです。

特集一覧

「平成モデルの呪縛」を断ち切れるか 原武史さんが語る皇室の課題

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
原武史氏=東京都千代田区で2016年2月23日、徳野仁子撮影
原武史氏=東京都千代田区で2016年2月23日、徳野仁子撮影

 「皇室に関する議論は結局、深まらなかった」。放送大教授(日本政治思想史)の原武史さんは「奉祝ムード」一色だった10月22日の即位礼正殿の儀の報道にため息をつく。5月のインタビューでは、象徴天皇制の課題に目を背けて「令和フィーバー」に沸くメディアに憤った原さん。10日のパレード「祝賀御列の儀」、14~15日にある皇位継承の祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」を控え、改めて話を聞くと「平成モデルの呪縛からの脱却が今後の皇室のカギ」と話した。【聞き手・大村健一/統合デジタル取材センター】

 ――先月の即位礼正殿の儀をどのように見ましたか。

この記事は有料記事です。

残り3391文字(全文3663文字)

【皇位継承】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集