メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学共通入試英語 出題は「読む・聞く」のみ 民間試験見送り後も方針維持

[PR]

 大学入試センターが2021年1月に実施する初回の大学入学共通テストの英語について、「読む・聞く・書く・話す」の4技能のうち、「読む・聞く」の2技能のみを測る従来の方針を維持する方向で検討していることが8日、センターなどへの取材で分かった。専門家も交えて話し合い、11月中にも正式決定する。

 廃止されるのは、複数の単語を正しく並び替えることを通じて「書く」力を問う語句整序問題と、複数の単語から同じ発音を含む単語を選んだり、単語の中で強調して発音する部分を選んだりして「話す」力を測る問題。民間試験導入見送りが決まる前の6月にセンターが公表した「共通テスト問題作成方針」で、廃止が明記されていた。

 また、共通テストの英語の配点もリーディング100点、リスニング100点の計200点のまま維持される見通し。センター試験の筆記200点、リスニング50点の計250点と比べ、リスニング重視となっている。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです