メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ATM一斉不正引き出し 男性に無罪判決「共謀認定に疑い残る」 福岡地裁

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で2018年8月20日午後4時24分、平川昌範撮影

[PR]

 2016年5月に17都府県の現金自動受払機(ATM)で現金18億円超が不正に引き出された事件で、福岡地裁(中田幹人裁判官)は8日、窃盗罪などに問われた男性(47)に対し「共謀成立を認定するには合理的な疑いが残る」として無罪(求刑・懲役10年)を言い渡した。

 男性は指示役の男らと共謀し、偽造カード46枚を使い福岡市のコンビニエンスストアなど約70カ所のATMから計7830万円を不正に引き出したとして起訴された。

 判決は、指示役が計画段階で男性に人集めに関与してもらう趣旨の発言を知人にしたものの、「実際に(男性へ)働きかけをしたか判然としない」と指摘。男性が指示役から約190万円を受け取ったとの検察側の主張についても、指示役は男性に借金があったとして「男性が窃取金の一部であることや報酬と認識したと推認するに足りない」と退けた。

 福岡地検は「判決内容を精査し、上級庁と協議して適切に対応したい」とコメントした。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです