メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「表現の不自由展」補助金不交付 抗議署名10万筆を提出しなかった理由

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展 その後」の一時中止に絡み、文化庁が補助金を不交付とした問題で、トリエンナーレに参加したアーティストらが8日、不交付決定の撤回を求める約10万筆の署名を文化庁に提出する予定だったが、直前で取りやめた。何が起こったのか。同日朝からの動きを追った。【塩田彩/統合デジタル取材センター、水戸健一/社会部】

 署名はあいちトリエンナーレの参加作家35組が参加するプロジェクト「ReFreedom Aichi」(リフリーダム)が、文化庁が補助金不交付を決めた9月26日夜からインターネット上の署名サイト「Change.org」で呼びかけ、10万4300筆が集まった。

この記事は有料記事です。

残り1713文字(全文2024文字)

塩田彩

大阪府出身。2009年入社。前橋支局、生活報道部を経て19年5月より統合デジタル取材センター。障害福祉分野を継続的に取材しています。好物は児童文学。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです