メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BPOがTBS「クレイジージャーニー」とテレ朝「スーパーJチャンネル」2番組を審議入り決定

放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会の神田安積委員長=東京都千代田区で、長谷川直亮撮影

[PR]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(委員長・神田安積弁護士)は8日、やらせがあったTBSのバラエティー番組「クレイジージャーニー」と、テレビ朝日の報道番組「スーパーJチャンネル」について、放送倫理違反の疑いがあるとして審議入りを決めた。

 「クレイジージャーニー」は、8月14日の計2回の放送の海外ロケで、スタッフが事前に用意した生物をその場で発見したように伝えた。TBSは9月の問題公表後、番組を終了した。

 「スーパーJチャンネル」は3月15日、業務用スーパーのお得な使い方を買い物客に聞く企画を放送したが、客として取り上げた男女5人は番組ディレクターの知人やその友人だった。【松尾知典】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです