メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流選手「体小さくても努力すれば世界と戦える」ふるさと福岡・久留米市を表敬

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本代表としてベスト8進出に貢献した流大(ながれゆたか)選手(27)=福岡県久留米市出身、サントリー所属=が8日、同市役所を表敬訪問した。流選手は「日本全体がワンチームとなり、目標のベスト8を達成できた。2023年のW杯(仏大会)に出場し、今大会以上の成績を収められるよう、また精進したい」と語った。

 市役所で大勢の職員や市民の出迎えを受け、大久保勉市長からは市スポーツ功績賞の表彰も受けた。流選手は市立牟田山中学校から熊本県立荒尾高校(現岱志(たいし)高校)、帝京大学へと進み、高校時代までは同市で暮らした。小学2年生の頃に知り合いに勧められてラグビーを始め、中学3年生まで同市のラグビーチーム「りんどうヤングラガーズ」に所属。流選手は「ここまでラグビーをできたのも、りんどうでラグビーの楽しさを味…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです