メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島が菊池涼介のポスティング容認 大リーグ挑戦へ

[PR]

 プロ野球・広島は8日、ポスティングシステムを利用して米大リーグ挑戦を希望している菊池涼介内野手(29)の要請を容認することを決めた。海外移籍がかなわなかった場合、残留を受け入れる。

     菊池涼は昨年オフの契約更改の際、今季終了後にポスティングシステムの利用を希望すると明言しており、球団によると、数日前に本人からポスティング申請の要望があったという。鈴木清明球団本部長は「これまで球団に多くの貢献をしてくれた。彼のチャレンジを尊重したい」とコメントした。

     菊池涼は2012年に中京学院大からドラフト2位で入団し、二塁手として今季までゴールデングラブ賞を7年連続で受賞。日本代表「侍ジャパン」でも活躍している。通算成績は出場1047試合で打率2割7分1厘、1117安打、85本塁打、107盗塁。【田中将隆】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

    2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

    3. ORICON NEWS アニメ『映画 すみっコぐらし』邦画1位の異色ヒット 不意打ちで大人が「号泣」

    4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

    5. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです