メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪 記念金貨打ち初め式、大阪の造幣局

2020年の東京五輪を記念した1000円銀貨(左)、1万円金貨(中央)、パラリンピックを記念した1000円銀貨。上が表=大阪市の造幣局で8日午後

 2020年東京五輪・パラリンピックを記念した1万円金貨や1000円銀貨の打ち初め式が8日、大阪市北区の造幣局で開かれ、歴代メダリストらが参加した。

 金貨(直径26ミリ)はギリシャの女神像、銀貨(直径40ミリ)は体操や車いすテニスの選手らを躍動的に描いている。

 リオデジャネイロ五輪柔道女子金メダルの田知本遥さん…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです