メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球W杯 日本女子が準決勝進出、銅メダル以上が確定

石川佳純(右)と平野美宇組=東京体育館で2019年11月8日、大西岳彦撮影

 東京五輪のテスト大会を兼ねた卓球のワールドカップ(W杯)団体戦第3日は8日、東京体育館で行われ、女子の準々決勝で1次リーグB組1位の日本はC組2位のルーマニアを3―0で降して9日の準決勝に進んだ。3位決定戦がないため、銅メダル以上が確定した。

 第1試合のダブルスは、平野美宇(日本生命)石川佳純(全農)組が1ゲーム目を落としながらも逆転して3―1で勝利。シングルスで戦う2試合目以降は伊藤美誠(スターツ)がストレート勝ちし、石川はフルゲームの接戦を制した。

 男子は準々決勝の残り2試合で韓国がブラジルに3―1、台湾がイングランドに3―0でそれぞれ勝ち、9日…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 五輪9億円、書類不明 招致委、海外コンサル費

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです