メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 海外で被爆証言、サーロー節子さん(その2止) 「祈るだけでなく行動しよう」

原爆で死亡した同窓生の名前を示し、核廃絶を訴えるサーロー節子さん=米カリフォルニア州サンタバーバラで2015年10月25日
会議場で自らの思いを語るサーロー節子さん=ニューヨークの国連本部で17年7月7日

[PR]

「光に向かって這っていけ 核なき世界を追い求めて」

 <1めんからつづく>

    被爆者ひばくしゃのサーロー節子せつこさん

     カナダ在住ざいじゅう被爆者ひばくしゃ、サーロー節子せつこさん(87)が、この世界せかいから核兵器かくへいきをなくすことをうったえる人生じんせい基本きほんにしてきたのが「アクティビズム」(行動主義こうどうしゅぎ)というかんがかたです。どもたちにけ、「平和へいわいのるだけではダメ。わたしかなら行動こうどううつす。行動こうどううつしましょう」とちからめます。

     アメリカぐんは1945ねんがつむいか広島ひろしまどうここのかには長崎ながさき原子爆弾げんしばくだんとしました。このとしねん末時まつじてん犠牲者ぎせいしゃ広島ひろしまやく14万人まんにん長崎ながさきやくまん4000にんのぼりました。その原爆げんばく放射線ほうしゃせんながねんにわたって被爆者ひばくしゃからだをむしばみ、たくさんの人々ひとびといのちうしなわれました。

     サーローさんは各地かくち証言しょうげんをするとき広島女学院ひろしまじょがくいん原爆犠牲者げんばくぎせいしゃ351にん名前なまえかれた横断幕おうだんまくかならっていきます。「原爆げんばく被害ひがいは74ねんまえきたたしかな事実じじつで、絶対ぜったい二度にどとあってはいけない。わたし被爆ひばく体験たいけんとおしてまなんだのは、一人ひとり一人ひとり人間にんげん尊厳そんげんがあり、きる権利けんりがあるということです」といます。

     2017ねんには国連こくれん核兵器禁止条約かくへいききんしじょうやくつくられましたが、日本政府にっぽんせいふ条約じょうやくづくりに参加さんかせず、署名しょめい批准ひじゅん国内こくない正式せいしきみとめること)もしていません。日本にっぽん世界せかい唯一ゆいいつ戦争せんそう被爆ひばくこくですが、アメリカが核兵器かくへいきくに安全あんぜんたよっていて、アメリカの「かくかさ」にはいってきました。日本政府にっぽんせいふ立場たちばについて、安倍晋三あべしんぞう総理大臣そうりだいじんは「核兵器かくへいきこく核兵器かくへいきこく橋渡はしわたしにつとめる」と説明せつめいしています。

     しかし、サーローさんはこの現状げんじょうを「日本政府にっぽんせいふ橋渡はしわたしの役割やくわりたしているわけではなく、被爆者ひばくしゃ裏切うらぎっています。大切たいせつとき日本にっぽんはいつもアメリカに追従ついじゅうしているのです」と批判ひはんします。日本政府にっぽんせいふ選挙せんきょとおして日本にっぽん人々ひとびとおもいを代弁だいべんしているため、「市民しみん責任せきにんって政治家せいじか行動こうどう見張みはり、プレッシャー(圧力あつりょく)をかけなければいけません。平和へいわへのいのりを実現じつげんするためには、政治せいじてき行動こうどう必要ひつようなのです」とかたりました。

    節目ふしめむね言葉ことば

     サーロー節子せつこさんは、核兵器禁止条約かくへいききんしじょうやくかかわる節目ふしめ節目ふしめで、世界せかい人々ひとびとむね言葉ことばのこしてきました。このなつ中国新聞ちゅうごくしんぶん記者きしゃ金崎かなざき由美ゆみさんとともにまとめた自伝じでんひかりかってっていけ」には、その場面ばめんくわしくかれています。

     アメリカ・ニューヨークにある国連本部こくれんほんぶ核兵器禁止条約かくへいききんしじょうやく採択さいたくされた2017ねんがつなのか、サーローさんは採択さいたく瞬間しゅんかん会議かいぎじょう見届みとどけました。採択さいたく直後ちょくご発言はつげん機会きかいたサーローさんはこうべました。

     「72ねんまえの1945ねんがついのちうばわれた一人ひとり一人ひとりには名前なまえがあり、だれかにあいされていたのです。わたし今日きょうを70ねん以上いじょうちわびていました。ついにそのおとずれたことは、歓喜かんきにたえません。これは、核兵器かくへいきわりのはじまりです」

     17ねん12がつ10とおかにノルウェー・オスロでおこなわれたノーベル平和賞へいわしょう授賞式じゅしょうしきでは、被爆ひばくしたときのエピソードを紹介しょうかい建物たてものしたじきになったサーローさんは、だれかに左肩ひだりかたをつかまれ、「あのすきまからひかりえるだろう。いそいではっていけ」という男性だんせいこえこえました。これをいに、サーローさんはスピーチをむすびました。「あきらめるな。まえすすめ。ひかりえるだろう。それにかってはっていけ」。核兵器かくへいき廃絶はいぜつをあきらめない気持きもちをめました。自伝じでんのタイトルも、ここからとられました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

    3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

    4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです