メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魔法の道化師、小児病棟に笑顔お届け

女児にバルーンアートを贈る林志郎さん(左)=福岡県久留米市旭町の久留米大学病院小児病棟で2019年10月8日午後2時52分、高芝菜穂子撮影

 小児がんの経験者としての思いを胸に、道化師(クラウン)として小児病棟の訪問を続けている北九州市八幡東区、林志郎さん(41)の活動が10年目を迎えた。10月上旬には林さんも3年間、入通院した久留米大学病院小児病棟(福岡県久留米市)をクラウン仲間2人と訪れ、マジックやバルーンアートなどを披露。入院中の子供に笑顔と希望を届けた。【高芝菜穂子】

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

  2. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  3. 12月日銀短観 大企業・製造業が4四半期連続で悪化 増税・台風下押し

  4. 実質賃金のデータ隠す安倍政権 世界の笑いもの

  5. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです