メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魔法の道化師、小児病棟に笑顔お届け

女児にバルーンアートを贈る林志郎さん(左)=福岡県久留米市旭町の久留米大学病院小児病棟で2019年10月8日午後2時52分、高芝菜穂子撮影

 小児がんの経験者としての思いを胸に、道化師(クラウン)として小児病棟の訪問を続けている北九州市八幡東区、林志郎さん(41)の活動が10年目を迎えた。10月上旬には林さんも3年間、入通院した久留米大学病院小児病棟(福岡県久留米市)をクラウン仲間2人と訪れ、マジックやバルーンアートなどを披露。入院中の子供に笑顔と希望を届けた。【高芝菜穂子】

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1234文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです