メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

ホットハウス・フラワーズ 詩に変わる歌を紡ぐ

 <楽庫(らっこ)>

 台風のせいだろうか、普段とは異なる喧騒(けんそう)が渋谷の街を包んでいた。会場の中もそうだった。どこか落ち着きがなく、重苦しささえ感じられたが、リアム・オメンリィは、それらを一瞬にして吹き飛ばした。親しげでかしこまらず、しかし、歌と演奏は躍動感にあふれ、切実とした情緒があった。

 ホットハウス・フラワーズは、そのリアムを中心に、アイルランドから現れたバンドだ。魂をふり絞るような歌声に、ブズーキやボーランなどの楽器を交え、ロックから伝統音楽まで力強い演奏で瞬く間に世界に躍り出た。平凡だが、懸命に日々の営みを重ね、ささ…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  4. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  5. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです