メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・見聞読

サタデー・ナイト・フィーバーほか

 <楽庫(らっこ)>

 ♪サタデー・ナイト・フィーバー

 ディスコブームは、これまで何度も波状攻撃のように若者を襲ってきた。アフロヘアにパンタロンで本物のソウルやファンクを踊っていた1970年前後を第1波とすると、78年日本公開の映画「サタデー・ナイト・フィーバー」を発火点とした流行が第2波だろうか。ビージーズのサウンドに乗っていきがる、トラボルタ気取りの白スーツのお兄ちゃんで、新宿あたりはごった返した。クラブやハウスに変化したダンスフロアの視点で見ると、あの光景は漫画であろうが、実体験した身には、懐かしさ満載である。

 なんと、その「S・N・F」がミュージカルとして日本へやって来る。東京国際フォーラムCで12月13~29日(休演日あり)。B・ケンライト演出、B・ディーマー振り付け、R・ウィンザーがトニー役という英国製。音楽も生歌だし、踊りはオリジナルを大切にしたステップダンス。知らない若者も知ってる熟年も楽しめる。ラストは会場がディスコになるといううわさも。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです