メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写scene

まちがえますから、よろしくお願いします。 京都

笑顔で料理を提供する参加者=京都市下京区で2019年9月23日、猪飼健史撮影

 「あっちのテーブルだった、ごめんね」「いいよ、気にしないで」。ホールスタッフを認知症患者が務める「注文をまちがえるリストランテ」。認知症を理解し受け入れる社会を目指して、東京の団体が2年前から始め、全国で開催の輪が広がる。

 「世界アルツハイマー月間」の9月には京都市内の百貨店の食堂で開かれ、認知症…

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

  3. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  4. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  5. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです