メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観阿弥祭 7団体が能楽披露 あす、名張・観阿弥ふるさと公園 /三重

2018年の観阿弥祭で披露された子ども狂言=名張市教育委員会提供

 名張で一座を組んだと伝えられる南北朝時代の能役者・観阿弥にちなむ恒例の「観阿弥祭」が10日午前10時から、名張市上小波田の市観阿弥ふるさと公園で催される。小中学生らを含む地元の7団体の47人が能楽を披露する。入場無料。

 市や能の愛好団体でつくる「市観阿弥顕彰会」の主催。顕彰会は能楽文化継承のために…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  4. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  5. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです