メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/519 東高野街道/15 /大阪

忍陵神社へは石段を上っていく。この辺の町名「岡山」の名の通りだ=四條畷市岡山2で、松井宏員撮影

 ◆寝屋川市~四條畷市

鉢かずき姫の案内で

 前回訪ねた石宝殿(いしのほうでん)も、古墳に使われていた岩がゴロゴロしていた打上古墳群も、どちらも花こう岩だった。東高野街道がふもとを通る生駒山は花こう岩の産地で、約8キロ南の東大阪市の石切は、石切り場だったという。すぐ近くで花こう岩がとれたのだ。

 兵庫の六甲山もよく知られた花こう岩の産地で、御影石は神戸の御影でよくとれたから、この名前で呼ばれている。

 その打上古墳群から東高野街道をズンズンと下っていく。途中で「はて、この道で本当にいいのか?」と不安に駆られるが、そんな時に鉢かずき姫が道端に現れて、さも「この道でいいのよ」と言ってくれる(ような気がする)ので、心強い。寝屋川市の鉢かずき姫の案内表示は、秀逸なアイデアだ。

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです