メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校事故の被害者家族、第三者委に不信感 「事実解明が不十分」

 いじめや教師の不適切な指導が原因とみられる自殺や事故死を受けて教育委員会などが設置した第三者委員会の調査を巡り、毎日新聞などが全国の被害者家族にアンケートしたところ「事実解明が不十分」と不満の声が多く上がった。委員選任で中立性が確保されていないと訴える声もあり、設置が相次ぐ第三者委のあり方に課題が浮かび上がった。

 児童生徒の自殺を巡っては2011年、文部科学省が調査指針を策定。13年にはいじめ防止対策推進法、1…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです