メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

「特定非常災害」指定って? 被災者の権利守る制度 役所手続き猶予・延長=回答・安藤いく子

 なるほドリ 台風19号の被害が「特定非常災害(とくていひじょうさいがい)」に指定されたと聞いたよ。それって何?

 記者 台風19号では多くの人が亡くなり、広い範囲で家や会社も水浸(びた)しになりました。被災(ひさい)した人は片付けに追われ、いつもならできる役所での手続きをする時間も余裕(よゆう)もありません。そこで手続き期間を特別に延長し、被災者の権利(けんり)を守ろうというのが特定非常災害の制度です。1995年の阪神大震災(はんしんだいしんさい)をきっかけに作られ、政府が指定します。適用されるのは昨年7月の西日本豪雨(ごうう)に続き、6例目になります。

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです