メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンボジア野党前党首、搭乗拒否 タイ航空、パリからの帰国阻む

パリの空港で搭乗を拒否されたサム・レンシー氏=7日、AP

 カンボジアのフン・セン首相の政敵で国外に逃れている旧最大野党・救国党の代表代行(前党首)、サム・レンシー氏(70)は7日、拠点とするパリの空港で、タイ・バンコク行きのタイ国際航空機への搭乗を拒否されたと明らかにした。

 サム・レンシー氏は独立記念日の9日に約4年ぶりに帰国すると宣言し、市民や軍に蜂起を呼びかけている。他の救国党幹部と共にタイから陸路での入国を目指していた。

 タイ航空はタイ政府系の航空会社。サム・レンシー氏は搭乗を拒まれた後、ロイター通信の取材に「タイ航空…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文648文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです