メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

2020年大統領選 前NY市長、出馬を検討 穏健派、民主指名争い構図変化

ブルームバーグ氏=ロイター

 2020年米大統領選でトランプ大統領の再選阻止を目指す野党・民主党の候補指名争いで、大富豪としても知られるニューヨーク前市長のマイケル・ブルームバーグ氏(77)が出馬の検討に入った。米メディアが7日、一斉に報じた。穏健派の有力候補と目されながら、これまで不出馬を表明していたブルームバーグ氏が参戦すれば、指名争いの構図が変わる可能性がある。

 ブルームバーグ氏は、全米で最も早く8日に立候補が締め切られる南部アラバマ州予備選への出馬を届け出る…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  5. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです