メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

アジアの漆熱と日台交流=外舘和子

 近年、漆芸の国際的な催事が加速度的に増えている。殊にアジアの漆熱は格別で、今年も昨年に続き、台湾に招聘(しょうへい)された。国立台湾工芸研究発展センター主催「2019亜太漆芸×地方創生論壇」での講演である。講演と併せ、展覧会や技術公開、台湾の漆芸家の工房や博物館の見学会もあった。実現は台湾側のリーダーシップはもちろん、各国の作家、参加者たちの全面協力による。今回は地元台湾地域のほか、タイ、ベトナム、ミャンマー、日本から漆芸家、研究者ら漆の関係者が参加した。

 展示作品も国際性豊かである。漆と麻布を塗り重ねる乾漆造形や、色漆を象嵌(ぞうがん)する蒟醬(きんま…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕 

  2. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです