メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

80年前の友好伝える ミャンマー・日本の初合作映画、デジタル復元

 ミャンマー(当時はビルマ)と日本の初の合作映画で、現存するミャンマー最古のトーキー映画「日本の娘」(1935年)がデジタル復元され、東京都中央区の国立映画アーカイブで特別上映された。監督・主演は「ミャンマー映画の父」とも呼ばれるニープ(00~96年)。音声や映像のノイズをデジタル技術で除去し、80年以上前の作品が現代によみがえった。来年の「ミャンマー映画誕生100年」と、「日メコン交流年2019」に合わせた取り組みで、上映会では同作や映画の保存に関するトークイベントも開かれた。

 「日本の娘」は、東京とラングーン(現ヤンゴン)をノンストップで飛行するために来日したビルマ人の兄弟…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです