メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

令和の大嘗祭考

/下 天皇制と共に肥大化 放送大教授・原武史さん

 現在の大嘗祭(だいじょうさい)は本来のあり方から逸脱していると考えています。江戸以前は儀式の数日前に建物が建てられ、終了後すぐに取り壊されました。明治に天皇制が肥大化する中で規模も大きくなったのです。

 天皇即位を内外に宣言する「即位の礼」とは性格が異なるはずだったのに、明治に定められた旧皇室典範により京都で同じ時期に続き、大嘗祭は即位の祝賀ムードの中で行われるようになりました。大正の大嘗祭では、わずかな参列者の中で厳粛に行われてきた従来のあり方が損なわれ、お祭り騒ぎも起きました。貴族院書記官長として参列した民俗学者の柳田国男は「莫大(ばくだい)の経費と労力を給与せられしことは全く前代未聞のこと」と批判しました。大正天皇自身も儀式の簡素化などを望みましたが、ほとんど受け入れられませんでした。

 大嘗祭の明確な実施規定は戦後なくなりましたが、政府は前回、宗教色を認めつつも「公的性格がある」とし…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され意識不明 男逃走

  3. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  4. 「交際相手と宿泊は」「妊娠は」ひとり親手当をもらうために、詮索されるプライバシー

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです