メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 避難所に理髪店 日常の癒やしを 長野

[PR]

 台風19号による大雨で千曲川の堤防が決壊し、浸水被害を受けた理髪店が長野市内の避難所前の仮設テントで営業を始めた。

     ハサミを握る若月敦さん(50)の店は被害の大きかった同市津野地区にあり、祖父から続く3代目。道具は2階に避難させたが店舗は浸水。家族で避難生活を送っている。

     椅子やのぼりは理容組合から提供してもらい、カットのみ1000円で週3回営業している。

     市内の避難者は8日現在、13カ所に695人。うわさを聞きつけ、他の避難所からわざわざやってくる常連客もいるという。

     若月さんは「避難所暮らしや家の片付けなど大変な毎日だけど、お客さんとしゃべりながら散髪していると、日常を取り戻したようで癒やされる。お客さんが一人でもいる限り、必ず地元で再開したい」と話した。【写真・文 佐々木順一】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

    2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

    3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

    4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

    5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです