メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い真相

学校事件事故/1 11年 鹿児島・出水市立中2女子自殺 いじめ隠された

今年9月、鹿児島地裁であった損害賠償訴訟の口頭弁論の後、中村真弥香さんの吹奏楽部のTシャツを手に無念を語る祖父幹年さん=樋口岳大撮影

訴訟で次々事実、再調査拒まれ

 ミカン畑沿いの坂を上った海の見える高台にその跨線(こせん)橋はある。鹿児島県出水市の市立中2年だった中村真弥香(まやか)さん(当時13歳)は2011年9月1日の早朝、約4メートルのフェンスをよじ登り、ごう音を上げて走る九州新幹線に飛び込み、命を絶った。2学期が始まる朝だった。

 同居していた祖父の幹年(みきとし)さん(69)によると、その3日前、夏休みだった8月29日の午後1…

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  2. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  3. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  4. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  5. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです