メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い真相

学校事件事故/1 11年 鹿児島・出水市立中2女子自殺 いじめ隠された

今年9月、鹿児島地裁であった損害賠償訴訟の口頭弁論の後、中村真弥香さんの吹奏楽部のTシャツを手に無念を語る祖父幹年さん=樋口岳大撮影

 ミカン畑沿いの坂を上った海の見える高台にその跨線(こせん)橋はある。鹿児島県出水市の市立中2年だった中村真弥香(まやか)さん(当時13歳)は2011年9月1日の早朝、約4メートルのフェンスをよじ登り、ごう音を上げて走る九州新幹線に飛び込み、命を絶った。2学期が始まる朝だった。

 同居していた祖父の幹年(みきとし)さん(69)によると、その3日前、夏休みだった8月29日の午後1時半ごろ、吹奏楽部の練習から帰宅した真弥香さんは壁にかけた部の黒いTシャツを見て泣いていた。亡くなる前夜には家に電話があり、自室に子機を持ち込んで1時間ほど話し込んでいた。

 真弥香さんの死後、市教育委員会と校長らによる事故調査委員会が、他の生徒へのアンケートや聞き取りなどを基に調査報告書案を作成し、市教委が設置した大学教授や臨床心理士らによる事故調査専門委員会(専門委)が分析、評価した。市教委は同年11月に「直接のきっかけとなる出来事は確認できなかった」と結論付けた報告書を公表した。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都の感染者が新たに118人 初の3桁 新型コロナ

  2. 北海道・鈴木知事の感染防止対策に評価 「道民の命を守る英断」

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 座して死なないために我々ができること 3Dプリンターで人工呼吸器の代替器

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです