メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知・元稲沢市議に無期懲役 麻薬密輸未遂、中国で判決 重い刑に驚き 地元関係者

 桜木琢磨被告に対する無期懲役の判決に、地元関係者らに動揺が広がった。

 小学校と高校が同じで、議員活動を支援してきた同市一色巡見町の浅野雅之さん(76)は「一日も早く帰ってきてと願っていた。重い刑に驚いている」と嘆いた。桜木被告について「『車に傷が付いてはいけない』と堤防道路の草刈りをするなど、地元のことに一生懸命だった。間違ったことが嫌いで、今も無罪を信じている」と浅野さん。「昨年の死刑回避報道にほっとしていたが、高齢だし今後が心配。せめて国外追放で帰ってきてくれたら」と語った。

 市議会の六鹿順二議長は「市民にご心配を掛け、おわびします。判決を重く受け止めます」、加藤錠司郎市長…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです