メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮、対米交渉「機会の窓が日々閉じつつある」譲歩案提示求める

国際会議で演説するチョ・チョルス北朝鮮外務省北米局長=モスクワでの国際会議の映像から2019年11月8日、大前仁撮影

 北朝鮮のチョ・チョルス外務省北米局長は8日、米国との非核化交渉について「肯定的に進展することを願っているが、機会の窓が日々閉じつつあることを指摘せざるをえない」と述べ、北朝鮮が年末までとした交渉の期限までに米国が譲歩案を提示するよう改めて促した。モスクワで開かれた核軍縮に関する国際会議で発言した。

 チョ氏は北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を自制し、…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです