メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

印パ国境のシーク教徒巡礼路が開通 ビザなし認める

シーク教徒向け巡礼路「カルタールプル回廊」。左の建物は巡礼者用施設、奥中央はパキスタン領=インド北部アムリツァル郊外で2019年11月8日、共同

 インドのシーク教徒が開祖生誕550年の節目にパキスタンにある寺院を訪問できるよう、国境をまたぐ形で建設された巡礼路「カルタールプル回廊」が9日、開通した。カシミール地方の領有権を巡り緊張関係にある両国が少数派信者のために協力し、ビザなしでの巡礼を認めた。関係改善の糸口となることが期待されている。

 インド側はシーク教徒が多く住む北部アムリツァルの郊外に新たに建設された巡礼者用施設で、モディ首相も出席し開通式を開催。式典に先立…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです