メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ご褒美はジャーキー 警察犬アイザック号表彰 不明の中1発見に貢献 愛知

行方不明者の早期発見に貢献し、愛知県警西枇杷島署の中神一明署長(右)から表彰を受けたアイザック号とパートナーの佐野智弘巡査部長(中央)=同署で2019年11月1日午前9時37分、高井瞳撮影

 行方不明になった中学1年生の少年(13)の早期発見に貢献したとして、愛知県警西枇杷島署は、県警鑑識課の警察犬・アイザック号に表彰状と好物のジャーキーを贈った。

 同署によると、10月11日、少年の父親から「息子が行方不明になった」と連絡があった。朝、登校するのを見送ったが、学校は欠席していた。部屋に「東京に行きたい」との置き手紙があったという。

 通報を受け、アイザック号と警察官が捜索。少年が家を出てから約3時間が過ぎ、手がかりとなるにおいが薄れていたものの、アイザック号は少年が使っている靴のにおいで西の方角に向かったことを突き止めた。警察官が捜索し、漫画喫茶にいた少年を発見した。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです