メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR福知山線脱線 事故車両を社員研修施設で保存へ

福知山線脱線事故現場のマンションを整備した慰霊施設「祈りの杜」=兵庫県尼崎市で2019年4月、小出洋平撮影

 兵庫県尼崎市で2005年4月に乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で、JR西日本は保管している事故車両の全てを、安全教育に用いるため大阪府吹田市内の社員研修施設で保存する方針を固めた。16、17の両日に同県伊丹市内で開く会合で遺族や負傷者らに説明する。一般公開については慎重に検討するという。

 関係者によると、JR西の社員研修施設「鉄道安全考動(こうどう)館」に専用施設を整備する。事故車両は神戸地検から返還された後、希望する被害者らに公開したことがある。現在は1~4両目が同県高砂市内で、5~7両目が大阪市内でそれぞれ保管されている。

 同社の来島達夫社長が昨年11月、7両全てを保存し社員教育に活用する方針を表明していた。今年3月まで…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  5. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです